• 散骨する時のマナーとは

    散骨は一般的に、故人の遺体を火葬した後に遺骨を粉末状にして海や山、空などでそのまま撒く葬送方法の事を言います。

    ただし、散骨する際には守らなければならない最低限のマナーがあります。



    火葬した遺骨をそのまま撒くと遺棄罪となり逮捕されるため、2ミリ以下まで小さく粉骨する必要があります。
    基本的に散骨を規制する法律は無いので自由ですが、山などの地権者がいる場合は許可が必要ですし、一部の自治体では条例で禁止されている所もあるので確認が必要です。



    海に撒く場合は海岸線から撒いても構いませんが、海水浴場や魚の養殖場など節度無く撒いてしまうと民事レベルの問題になりかねません。

    できるだけ沖合で撒くことが望まれますが海水浴場などに指定されていない、人が寄り付かないような岩場を選んでも良いでしょう。

    また、花飾りなどを一緒に添える場合はテープやビニール製のひもなどは、ゴミになったり鳥や海洋生物の害になるのですべて外すようにします。

    山などに散骨する場合、自分の所有地であれば構いませんが、穴を掘って埋めたり墓標を立ててしまうと違法になります。

    粉骨したものを木の根元に撒くだけであれば違法にはならなくて済みます。
    誰かの私有地であっても許可さえあれば撒くことはできます。



    このように散骨は業者がお手伝いしてくれる場合もありますが、自分で行う事も出来ます。

    国や自治体の決まりを守ることは当然ですが、最低限のマナーを守り節度をもって行うようにしましょう。