• お墓問題を残さない散骨

    散骨を希望している方が増えているということです。



    どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
    まず第一に散骨にはお金が余り掛かりません。


    もちろん、粉骨費用や散骨費用が掛かる場合もありますが、お墓を建てることを考えると雲泥の差です。


    また、粉骨だけ業者に頼み自分で行えば本当に少ない費用で済みます。さらにお寺とのおつきあいも発生しませんから、お墓の維持費も不要です。一周忌などの法要も食事会という形で行われることが多く、故人の写真を見ながら親戚一同が語らうというラフな感じで行われます。先祖代々のお墓を引き継ぐと、なかなか遠くに移住することが難しいものですが、こういった地理的な制限も受けずに済みます。
    また昨今ではお寺や霊園の破産の話も耳にしますが、そんな心配もありません。


    考えの古い人たちはお墓は長男が守らなくてはいけないということにこだわります。



    もし、女の子しか生まれなかったなら、お墓の管理や維持が思うように行かなくなります。

    そして、無縁仏となりお墓が取り壊されるということになります。しかし、デメリットもあります。

    お墓参りや献花はできません。
    故人に対して弔いの場所や章興を必要とするなら、散骨は向いておりません。


    家にお仏壇をおけば、弔いも献花もお線香を上げることもできます。

    将来を考えれば、どうすべきかは簡単に解ることでしょう。
    また、遺骨は粉末状にしますので、後世に残せません。


    しかし、自然に帰れるのですから、物は考えようではないでしょうか。