• 散骨に関して葬儀会社のアドバイスを受けるメリット

    近しくて大切な方が亡くなると、その遺族はすぐさま葬儀の準備に着手しなければなりません。



    ひと昔前まではみんなが集まって信仰や風習に従って儀式を執り行ったり、御経をあげたりといった流れが一般的でしたが、最近では葬儀や埋葬などの面においても多様化が進み、故人の遺志が尊重されるようになってきています。

    とりわけ散骨は人気を持った手法で、これは生命を持つもの全てが自然の中に生まれて自然へと還っていくという死生観に由来しています。
    そもそも欧米などでは、亡くなった後の遺骨や遺灰を自然の中へと散骨するという方法は昔から浸透していたものですが、そう言った考え方に共鳴する人が日本でも増えていると言えるでしょう。
    散骨と聞けばこのように亡くなった方の魂を自然へとお返しするという意味においてとても意義深いものに感じられますが、しかしこの手法において最も重要となるのは散骨の場所です。

    一つの可能性としては故人が自ら自分が亡くなった後のことを考えて葬儀会社や埋葬の手法や場所に至るまで全てを取り決めているというパターンもありますが、しかしこれが決定していなければ喪主をはじめとする遺族が自らの判断で執り行わなければなりません。



    その際には自然の中ならどこでもいいというわけではありません。

    私有地は絶対にダメですし、海や川や森でも周辺住民に悪影響を及ぼしたり、風評被害を与えるようなものではいけません。

    その意味でも様々な条件をクリアしている場所を専門の葬儀会社からアドバイスしてもらった上で、最も適切なものを選ぶようにしなければなりません。



  • 専門知識

    • 散骨する場所としては、海・空・山などがあります。海なら船、空ならヘリコプターやセスナ機などを用意する必要があるので、業者に依頼することが多いでしょう。...

  • 知っておきたい常識

    • 散骨を希望している方が増えているということです。どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。...

  • 儀式コラム

    • 海に散骨する場合、正式に届け出をしたり書類の提出などはありません。散骨するにあたり必要となるのは、遺骨を粉砕しパウダー状にすることです。...

  • 難しくない儀式

    • 散骨は一般的に、故人の遺体を火葬した後に遺骨を粉末状にして海や山、空などでそのまま撒く葬送方法の事を言います。ただし、散骨する際には守らなければならない最低限のマナーがあります。...